ハゲたくない人必見!薄毛につながる悪習慣とは?

ハゲたくない人必見!薄毛につながる悪習慣について当サイトでは紹介しています。

薄毛の原因として考えられるのは、頭皮の血行が悪くなってしまい、髪を作るのに重要な毛根にしっかりと栄養が行き届かなくなってしまうことです。

なぜ頭皮の血行が悪くなってしまうのかというと、皮脂などが汚れとして残ってしまいそれが毛穴を詰まらせてしまうからです。毛穴が皮脂や細菌などの汚れでつまってしまうと、炎症が起こり血液の流れが悪くなってしまういます。血液の流れが悪くなってしまうと頭皮の柔軟性も失われて硬くなってしまいます。そうなるとさらに血行が悪くなってしまいますので、ますます髪に栄養が届かなくなってしまい、栄養が足りないために髪の毛自体の太さがだんだんと細く、コシのないものに変わっていき、成長そのものもしにくくなっていきます。

また毛穴が汚れでつまってしまっていると、髪の成長だけでなく抜けやすくなってしまうことも考えられます。抜け毛が増えて髪の成長も悪くなっているという環境が続けば、薄毛になってしまう可能性が高くなってしまうのです。
さらに毛穴につまった皮脂が紫外線を浴びると酸化してしまいます。そうなると刺激のある物質に変化してしまうので、臭いの原因やべたつきなど不快な症状が現れてしまうこともあります。

頭皮の環境をよくしてあげるためには、シャンプーでしっかりと洗い流して清潔にしてあげる必要があります。頭を洗う時は、毛穴や皮膚を傷つけないように、優しくマッサージを知るように洗うようにしましょう。爪などを立てると傷がついてしまいさらに環境を悪化させてしまうことになります。

洗い流す時もシャンプーが残らないようにしっかりと洗い流しましょう。シャンプーが残っていると雑菌を繁殖させてしまいますし、せっかく洗い流した毛穴が再び詰まってしまう原因にもなります。

ただ気をつけなければいけないのは、洗い過ぎてしまってもよくないということです。

皮脂は多いとよくありませんが、少なくすぎても乾燥などの原因になってしまってよくありません。ですから清潔にするためにといちいちに何度も髪を洗ったりすると逆に薄毛の原因になることもあるので気をつけましょう。
皮脂の分泌量を抑えるためには、シャンプーだけでなく日頃の生活習慣も重要になります。
運動不足や暴飲暴食といったことは、血液の流れを悪くする原因です。

薄毛を予防するためには頭皮の血行を良くする必要がるので、栄養バランスと適度な運動、そして良い睡眠は薄毛予防には大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ