友達から恋人に進展するための3つのLINEテクニック

気になる女性のアドレスを聞いたりとLine交換ができてもそこから全く進展しない男性がいます。

そんな男性が送る文章にはいくつかモテない特徴があるのでコツをつかめばモテモテも夢ではありません。

友達から恋人に進展するための3つのLINEテクニックをご紹介します。

●メッセージを送るタイミング

モテる男性のメッセージは特別面白い内容だったり情熱的な内容なわけではありません。
受け取る女性が気軽に返事をできるタイミングでメッセージを送っています。

たとえば、仕事に行く前忙しい時間帯にメッセージを送っても既読スルーか、携帯に通知が来ても読まない場合が増えます。また、お昼休みで友達や同僚と話が盛り上がっているとき、お風呂に入っているとき、寝る前などは返信確立が落ちます。

モテない男性は、忙しいときに送っても返事がこないことは頭で理解していても、返事がこないと焦って返事が来る前に大量のメッセージを送ってしまうことがありますが必死さが伝わってしまうので逆効果です。

また、「忙しい?」「ごめんね」などの言葉は受け取った女性も何を返せばいいかわかりません。連絡先を交換してすぐは相手が仕事や学校から帰る、気が休まったタイミングで送ってみましょう。

●メッセージを送る頻度

連絡先を交換してすぐは頻繁にメッセージを送りたくなるものですが、その頻度が多すぎれば相手が返信するのを面倒くさくなってしまうことがあります。逆に、まったく送らないと自分に興味をもってもらえないと勘違いされ、恋愛対象外になってしまいます。

メッセージを送る頻度は相手次第で変わるため目安となるのは相手から送られてきた会話内容です。短い簡単な文章で送ってくる相手はあまりメールやLINEに時間をかけたくないパターンと短い文章でダラダラと言葉のキャッチボールを楽しむパターンがあります。

やりとりを楽しもうとしている女性は意味のないスタンプや単語を送ってくるのでこまめに返信をしましょう。あまりそっけない短文が来るような女性は現段階ではまだ心を開いていないので焦らず相手の返信がくるのと同じくらいのペースでメッセージを送ると同調を得ることができます。

長文が送られてくる相手の場合は、いいたいことを一気に送ってきているので早めに返信をしないとすねてしまう場合があります。

●送る内容

メッセージを送る上で一番大切なのは送る内容です。

いくらイケメンでも、タイミングがよくても、相手が読んでなんて返せばいいかわからないようなメッセージでは返信する内容を考えているうちに面倒になってスルーされてしまいます。

特に、自分の趣味や仕事の事を送った後に返信が途絶えるケースが多いので、なるべく文章は相手に質問するような内容で送りましょう。質問ばかりだと自分も聞きたいことがなくなってしまうので、女性相手なら褒める言葉をたくさん散りばめましょう。

また、会って遊んだり食事する約束をとりつけるのも大切ですが、一度会ってすぐに次の予定を聞こうとすると警戒されますのでしばらくは会ってたのしかったことで話題を膨らませて様子を見ましょう。一緒に楽しかった思いを共有することで相手の親近感が増します。

●まとめ

モテない男性の一番の特徴は、ガツガツしたメッセージを送ること。

返事がこなくて心配になり何度も送ったり、早く会いたくて相手を急かしてしまったり。

そんな文章は自分がモテませんと言っているようなイメージをもたれてしまうので、相手のペースに合わせてタイミングや内容、頻度を変えることで恋人へと進展する確率が上がります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ