デュタステリドが男性型の禿げに有効な理由

男性の薄毛と言えば、AGAはよく知られています。

そんな男性型の禿げに有効なのがデュタステリドです。デュタステリドはフィナステリドと同様に、AGAが発症する要因であるDHTを抑える働きがる医薬品成分です。

 

デュタステリドの歴史

デュタステリドは元々は前立腺肥大症の治療薬が目的でした。

DHTの発生は前立腺肥大症を起こす理由になるのですが、このDHTの発生はAGAを起こす原因でもあるため、AGAにも効果があるのです。

デュタステリドの効果

デュタステリドはAGAが発症する原因になる5αリダクターゼ還元酵素を阻害して、DHTを抑える事ができます。この効果はプロペシアで有名なフィナステリドと同じような効果がありますが、デュタステリドの場合はさらにフィナステリドが抑える事が不可能な1型5αリダクターゼが生成される事を阻害する事ができます。男性型脱毛症の治療においてはフィナステリドのおよそ1.5倍の抜け毛抑制効果があると言われています。

AGAに対して期待できる事

デュタステリドのDHT抑制効果に基づく発毛効果にも注目するべきです。同じぐらいに男性型脱毛症が進行しているに対して、デュタステリドとフィナステリドを与えてみて、およそ5カ月間後の毛髪数を測定した実験がありました。その結果は直径1インチ当たりに対しての毛髪再生本数ではデュタステリドでは108本の毛髪再生が認められて、フィナステリドにおいては72本の毛髪再生が確認されています。

この事からデュタステリドには約1.5倍の毛髪再生作用がある事が分かっています。

デュタステリドに起こる副作用

デュタステリドがAGAに対して有効である事は確かですが、副作用もあります。心配になる点は性欲が落ちる、肝機能障害が起こる、鼻咽頭炎などが心配されます。このような副作用に関しては必ず起こると言えませんが、フィナステリドにも見られる副作用です。DHTを抑制できる薬品には起こりやすい現象と言えます。男性型脱毛症に苦しんでいる人は副作用もしっかりと考慮した上でデュタステリドの服用をしてみるのもいいかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ