過度な飲酒やニオイのきつい食べ物などは体臭にも大きく影響する

体臭はさまざまな原因が考えられますが、その一つの食習慣による影響もあります。
特に過度な飲酒やニオイのきつい食べ物などは体臭にも影響するので、摂り過ぎないように気を付けたいものです。

体臭は他のニオイと同じく、気温が高くなると臭いやすくなります。
同じような食生活をしていても、気温が低く、汗をかかないような場所だと体臭も感じにくいものです。

冬は気温が低いので、よほどひどい体臭でなければさほど気になることはありません。
しかし、冬は室内の暖房で気温が上がりやすく、また暖気を逃がさないために、部屋が密封状態になるので、体臭が気になってしまうこともあります。

冬でも部屋の中では、汗をかきやすい人は特に気をつけるようにしたいものです。
また、保温性や気密性の高い衣服を着ていると、体臭が衣服の中に籠ってしまうことがあります。

他人に体臭が気付かれなくても、自分で先に嫌な体臭を感じてしまうこともあります。
冬は汗をかきませんが、できるだけ体は清潔を保ち、下着も毎日着替えるようにしましょう。

夏は冷房の効いた部屋にいても、何となく体臭がしてくることがあります。
特に多くの人が出入りするような場所では、体臭が気になってしまうことが少なくありません。

外はかなり気温が上がっている状態なので、かなり体は汗をかいています。
その状態のまま冷房の効いた屋内に入ってきたら、体臭はそのまま残ってしまいます。

体臭は汗自体の臭いはそれほどでもなくても、衣服に付いた汗に雑菌が繁殖してしまい、それが体臭の原因になってしまうことが良くあります。
室内は外と違って空気の流れがそれほどないので、体臭も外に逃げずに、空気中に漂いやすくなってしまいます。

汗が付いた下着や衣服は、できるだけ早めに着替えるようにしたいものです。
その時にできたら、体の汗を拭きとるようにすると尚良いでしょう。

肌についたままの汗が体臭になってしまうこともあります。
汗拭きシートなどを使うのも一つの方法です。

人の体臭は気になっても、なかなか本人に伝えにくいものです。
お互いが自分の体臭エチケットを守るようにしていきたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ